前へ
次へ

通夜ぶるまいと精進落としの意味

通夜後に行われる食事が通夜ぶるまい法要後にふるまわれるのが精進落としですが、現在は僧侶や会葬者をもてなすために利用される目的があります。
昔は親族が亡くなったときに肉や魚断って精進料理を食べていました。
精進落としは四十九日が開けたときに通常の料理にも戻す区切りとされていました。
最近は初七日法要のときに僧侶などにねぎらいの宴席として利用されています。
さらには火葬場から戻ったときに親族やお世話になった方へお酒や食事を振る舞う場の料理が精進落としと呼ばれることが一般的になっています。
地域によっては精進料理は火葬中に食べられることもあります。
現在精進落としは故人への供養と参列者へのお礼とお清めに食べられています。
通夜ぶるまいは弔問客への感謝の気持ちをあらわし、故人との生前の思い出を語り合う場として会食されていました。
昔は精進料理が出されていましたが、現在決まりはなく肉が入っているものや寿司などが出されています。
通夜ぶるまいは通夜に参列した人が料理を少し口にして退席します。
料理は参列者の半分程度の量を用意しておきます。

Page Top