前へ
次へ

色や種類がある袱紗を葬式や法事のときの渡し方

葬式や法事など香典やお布施を袱紗で包むときには慶弔用の色や種類があります。
葬式や法事などで使う袱紗は結婚式などのお祝いごとに使うものと違い、寒色系の色を使います。
寒色系の中でも紫は弔事だけでなく慶事にも使うことができるのできます。
袱紗の種類は包む金額によっても異なります。
1~3万円では金封袱紗で、3万円以上は爪付きや台付き袱紗を選びます。
金封袱紗は金封を入れやすい作りになっていて袋状になっています。
爪付き袱紗はシンプルな四角い袋状になっていて、台付き袱紗は簡易の切手盆がついています。
金封袱紗は略式の袱紗ですが最近使われています。
1枚だけ用意するとしたら紫色で台付きの袱紗がおすすめです。
袱紗に包みますがそのまま渡しません。
受付で香典を渡すときには受付前で袱紗から出して相手から見て表書きが読めるように両手で手渡しをしますい。
先方に直接渡すときには、相手の前で袱紗を開いて香典を取り出しますが、そのまま渡すのではなく、お盆や台の上に置いて渡します。
渡すときには相手に表書きが読めるように香典を置きます。

Page Top