前へ
次へ

カトリックとプロテスタントで異なる葬儀

キリスト教ではカトリックとプロテスタントでは人が亡くなることに対する意味合いが異なるので葬式の流れも違います。
カトリックでは人は亡くなると神に委ねられ、葬式では死者の復活だけでなくキリストが再び降臨することも願われます。
神父が聖歌とともに入堂し開式の辞を述べた後にミサが行われます。
遺族がパンやブドウ酒を捧げ神父からパンを受け取る聖体拝領が特徴的で、これにより故人が永遠の命をもらいます。
プロテスタントでは故人は神の下で安らかに過ごすと考えられているので祈りは神にのみ捧げます。
牧師や喪主が入場する時はオルガンによる音楽が流れその後牧師による聖書の朗読、賛美歌の斉唱へと続きます。
牧師は故人の略歴を紹介したり説教をしたりますが、弔辞や弔電の時にも故人との思い出を語ることができます。
オルガンの演奏の中黙祷し、告別のための祈りと献花に入ります。
プロテスタントの葬儀は遺族を慰めることも目的に含まれるので告別式も葬儀に入っています。

Page Top