前へ
次へ

家族葬は呼ぶ呼ばれないに応じた対応をする

家族葬は故人の家族からの案内で参列依頼があれば参列しますし、なければ参列を控えます。
通常の葬儀と違い会葬者を招かずに家族や故人と生前親しかった人のみで行われます。
案内される範囲は家族だけでなく、故人の兄弟や子供、おじやおば、親しかった友人など範囲に決まりはありません。
家族から電話などで直接訃報の連絡を受けたときには参列に悩むことはありませんが、書面で葬儀を行う日時と場所が記載されているときには参列に悩んでしまいます。
案内がないときや参列辞退のお願いなどが記載があれば参列は控えますが、判断に悩むときには家族に直接確認をします。
家族側では葬儀後には葬儀が終わったことをハガキなどを出してお伝えします。
案内後には家に弔問に訪れる方も多いため、突然の訪問にも対処できるようお菓子など用意しておきます。
後日弔問する側は供花やお供え物そして香典を用意していきます。
香典を辞退する家族もいますが受け取ってくれる場合もあります。
弔問時は喪服は避けて地味な色の平服で行くようにします。

Page Top