前へ
次へ

宗教や慣習など関係ない自由度が高い無宗教葬

宗教や慣習などに関係なく自由に行う葬儀を無宗教葬や自由葬と呼ばれていて、故人らしさを出しながら葬儀を行うことができます。
無宗教葬は宗教の思想や概念に関係なく自由に行うことができ、葬儀の段度りなど自分たちで決めることができます。
自由度は高く、故人が好きだった音楽などを流すことができたり、思い出の品物を並べたりと葬儀よりもお別れ会という形式にすることができます。
無宗教葬を行うときには、司会者から開式のことばが伝えられて、黙とうを行います。
献奏を流し、故人の経歴紹介や故人からのメッセージをなどを流したり、思い出のスライドや動画を上映しお別れの言葉を述べます。
参列者は焼香の代わりに献花を行って閉式の言葉となって式が終了となります。
無宗教葬は葬儀や火葬に必要な経費や飲食費などの費用がかかりますが、自由度が高い分費用は行う葬儀によってことなります。
自由度が高いですが、周囲の理解が得られずに反対されることもあります。
故人の遺志や希望を予め親族に伝えて理解してもらうことが必要です。

Page Top