前へ
次へ

清めの塩は必ず使わないといけないのか

葬式に参列したときには香典返しや会葬礼状と一緒に塩が渡されます。
塩は清めの塩で身体を清めるために葬式から帰ったときに玄関前などで身体に振りかけます。
清めの塩は神道にて儀式で使われていますが、死は穢れとして扱われていて、穢れを払い身体を清めるために塩を使います。
仏教では死は穢れではないということから清めの塩は必要ないとされています。
日本では一般的に清めの塩が使われていますが、清めの塩を使うか必要なのかと迷いがあるときには信仰する宗教によって判断します。
清めの塩を使うときには、玄関に入る前に行います。
正しい順番は胸に振りかけてから背中、足元の順番で振りかけます。
一人暮らしの場合には自分で振りかけても大丈夫ですが、家族がいるときには家族に振りかけてもらいます。
清めの塩は宗教によって使うかの判断が異なります。
ほとんどの場合は慣習的に行っていますが、必ず行わなければならないということはありません。
清めの塩が参列した葬式に用意されていないケースもあります。
自分で判断して行います。

Page Top